木材と木材の自製

木材の加工、ループの切断、技術的な穴と溝の製作、木彫り - これはルータのような装置です。また、プロの機器だけでなく、比較的安価なハンドヘルドコピーも可能です。しかし、手持ちの木製フライス盤を使って作業するには、特定の技法や規則の知識が必要です。記事のすべてこれ。 

ルータとは何ですか?それは何ですか?

フライスカッターは、木材または金属を加工するための装置である。彼らは平らで、形をした表面を扱い、また技術的な溝 - 溝、尾根、ループの設置のための溝などを形成する。設置方法には据え置き型の機械があります(異なる作業を行うための異なるタイプがあります)が、手動式ミルがあります。手動電気掃除機 - あらゆる操作を行うことを可能にする普遍的なツールです。操作を変更するには、カッターやパーツ上の位置を変更するだけです。

機械は主に量産で使用されています。その中で、フライスカッターは固定され、ワー​​クピースは特定の軌道に沿って移動します。ハンドミルで作業する場合、状況は逆です - ワークピースを動かずに固定し、フライスカッターを動かします。大量の同一部品を処理する場合、ハンドミルを水平面に固定して、フライス盤に似たものを作る方が便利です。

自家製フライス盤 - 真ん中に穴が開いた水平面。そこに手すりが底に取り付けられている

自家製フライス盤 - 真ん中に穴が開いた水平面。そこに手すりが底に取り付けられている

フライス盤にはさまざまな種類がありますが、マスター職人またはセミプロフェッショナルの使用には、普遍的なものが適しています。さまざまなカッターや特殊工具が装備されており、あらゆる操作を実行できます。彼らの実装のためには、特殊なマシンよりも多くの時間とスキルが必要です。

ハンドヘルドルータで何ができるのですか?