壁にタイルを置く:浴室、台所で(写真、ビデオ)

トイレの修理はタイルの交換なしにはほとんどありません。特にタイルがすでに10-20年勤務していた場合は特にそうです。しかし、いつものように、疑問が生じます:マスターを雇うか、すべて自分で行います。実績のある、試用されたタイルがあり、一定の金額(通常は材料費と同じ仕事量を求めている)があれば、雇うことができます。それ以外の場合は、タイルを自分で入れてみてください。壁が少なくとも比較的平らな場合は、すべてが特別な困難なしにすべきです。しかし、壁にタイルを貼る前に、慎重に技術を勉強してください。 

壁にタイルを置くのは簡単でした。

壁にタイルを置くのは簡単でした。

タイルの選択といつものように、始まります。その外部データだけに留まらないようにしてください。そのジオメトリを確認する必要があります。そうでなければ、ジオメトリで作業することは困難です。最初にタイルを置くと、曲率によって作業が大幅に複雑になります。そこで、我々は以下をチェックする。

  • フロントはどのように滑らかです。しばしば、タイルは凹面または凸面を有する。不一致が小さければ - 1mmの領域では目立つことはありませんが、既に壁にある垂直性や水平性を確認する際には問題になります。理想的な表面で検索する(通常これらはインポートされたコレクションです)、または何に適応するかを選択できます。

    不均等な前面 - 正面で折り畳んで、2つのタイルがどれほど密接しているかを見てください

    不均等な前面 - 正面で折り畳んで、2つのタイルがどれほど密接しているかを見てください

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    95 − = 87